人気ED治療バイアグラに関する情報

バイアグラは、アメリカでは1998年、日本では1999年3月に正式販売が認められ、ED治療薬として高い効果が認める薬です。ED勃起不全に悩んでる多くの男性にとって、夢のような薬です。バイアグラ、元々はアメリカの第一次臨床試験において、狭心症の治療薬として開発されていた薬です。その開発の途中で、勃起不全治癒の効能が発見され、ED治療薬としてもっと幅広い範囲で販売されています。

バイアグラの成分
バイアグラに含まれる成分は「シルデナフィル」という物質です。クエン酸シルデナフィルとも呼ばれています。バイアグラの場合はシルデナフィルがどのくらい含まれているかで[25mg][50mg]と呼び名が変わります。そのバルデナフィルは勃起を阻害する酵素のホスホジエステラーゼタイプ5(PDE-5)を抑え、服用することで、陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめ、血管を拡張させることにより、ペニスの海綿体への血流を増加させ、陰茎の勃起を促すことができます。勃起不全を改善することで、充実した長時間のセックスが実現できます。
バイアグラの使用方法
性行為の約1時間前に服用します。
1日最大1錠を限度量とし、次回の服用は、24時間以上空けるように注意しましょう。
十分効果を発揮するために、なるべく空腹時に飲みましょう。空腹時に服用すると、吸収されやすくなります。
食後に服用する場合は2時間以上空けてから服用してください。またお酒は控えめにしましょう。
アスランスが配合した成分は、少ないため、ED症状の軽い方、ED治療薬を初めて使用する方にオススメです。
バイアグラの効果は血管拡張が行われる部位すべてに機能を発揮してくれますが、強制的に勃起させるような作用はありません。性興奮しない限り、効果も出ません。

バイアグラのの副作用
ED治療薬バイアグラの副作用は主にに「顔のほてり」「目の充血」「めまい」です。他に「頭痛」「動悸」「鼻づまり」や、光に過敏になり色が変化して見えたりすることなどもあります。これらの副作用、どれも一時的なもので、効果切れるとともに消えますが、もし一定時間を経過しても副作用が治まらない場合は、すぐ病院で診察を受けてください。また、バイアグラの服用は、低血压事を招く可能性があります。故防止のために自動車の運転は控えるようにしょう。
バイアグラの副作用の有無や強弱は、人によって影響されるので一概に言い切れません。しかし、顔のほてりや充血ということは、多くの服用者にあらわれるバイアグラの副作用です。